結婚相談所 パートナーエージェント

結婚相談所・パートナーエージェントの資料請求を今すぐしたい…

結婚相談 資料請求を今すぐしたいという方はこちらから

結婚相談所・パートナーエージェントのコンシェルジュ制とは?

パートナーエージェントという結婚相談所の最も特徴的なサービスは「コンシェルジュ制」です。
それは、ひとりひとりに専任コンシェルジュがつき、「面談」と「対話」によって最適な相手を紹介するというものです。
このコンシェルジュ制はとても評判がよく、「パートナーエージェントから他の結婚相談所に移籍」した人が、「やっぱり、あのコンシェルジュに 紹介してもらいたい!」と、戻ってきた例もあります。

では、コンシェルジュ制について
具体的にご説明しましょう。

コンシェルジュは、入会すると選定されます。
ひとりのコンシェルジュが担当するのは、現在86人程度。
これは最大でも100人以内と定められており、「一人であまり多人数の担当を抱えない」ことになっています。

他社では、一人の担当者で900人以上もの会員の相手をする結婚相談所もありますから、このパートナーエージェントのサービスの「密度の高さ」は特筆すべき。
(個人的な経験からすれば、900人を相手にした時、メールのやりとりですら、満足なコミュニケーションがとれるとは思えません)

そして、コンシェルジュは、あなたと一緒に「結婚というゴール」のイメージを作り、共有してくれます。
また、「リコメンド」という専用の紹介状を作ってくれるのもコンシェルジュです。
合コンなどで「自己紹介」がうまくできない人もいると思いますが、「自己アピール」って、なかなか難しいもの。
でも、コンシェルジュがいれば、客観的な目線「あなたの隠れた魅力やチャームポイント」まで見つけてくれ、それを効果的にアピールしてくれ るのです。

そうして出会う「会員同士のお見合い」の実施率は、なんと約97パーセント
多くの結婚相談所では、お見合いにこぎ着けるのも難しいといわれる中で、このコンタクト率はまさに驚異的とも言えます。

もちろん一回の「お見合い」で上手くいかないこともありますが、そんな時でも、優しくサポートしてくれ、さらに次の出会いの糧にしてくれるの もコンシェルジュの役目。
コンシェルジュをご指名で」他の結婚相談所から戻ってきた人もいる、というのもうなずけます

パートナーエージェント、まずは資料請求をしてみましょう。
強引な入会勧誘ぜったいありません
(資料が届いたかどうかの確認電話は一度だけあります)。
また、申し込み画面のコメント欄などに「無記名封筒で」と書いておけば、無記名封筒での資料送付もやってくれるそうです。

パートナーエージェントで資料請求


結婚相談所パートナーエージェントの婚活|資料請求メニュー